こんにちは今回は先に効果を載せたいと思います。というのもこれは見てもらったほうが早いかなぁ・・・なんて。

 

《強欲で貪欲な壺》通常魔法


「強欲で貪欲な壺」は1ターンに1枚しか発動できない。

①:自分のデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外して発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

 

・・・10枚裏側表示で除外だと!?

 

って思ったので、ここでは他のtcgやってる自分の出番だなあと思い感想と考察を書いてみました。

というのもこういった裏側系で除外するってのは実際遊戯王ではタイムカプセルとか位しかなくて、こういうカードのデメリットは遊戯王では実感できないものですよね。

 

ただ単なるサーチと思っちゃあまずいですよ!沢渡さん!!


遊戯王シングルカード タイムカプセル ノーマル sd15-jp026

 

 

■ 10枚裏側で除外することの恐ろしさ。

まぁ、遊戯王の中で10枚を除外するということがどれだけ実感できないのかというのは遊戯王のシステムでそういうのがなかったからと言えます。

多分裁定的にはタイムカプセルと同じような感じになると思うので引用させていただきます。

 

裏側表示で除外されたカードは種別が判らない。
その為、例えモンスターを除外していても《異次元からの帰還》などで帰還させる事は出来ない。
また、フィールド上の裏側表示モンスターと同じ様に、《異次元の偵察機》、《ネクロフェイス》も裏側表示で除外された場合は効果を発動出来ない。

どうやらネクロフェイスでも駄目みたいですね・・・。

 

この点から分かることはこの強欲で貪欲な壺は重要なカードを多く搭載しているデッキでは採用しないほうがいいという事です。

 

というのも裏側の中に重要なカードがあった場合、それがサーチ出来なくなるしどれが除外されたのかを確認するのも難しい。特にデッキ内を見るというのも一苦労なのでその点でも大変ですよね。

(どうやら確認できるみたいです。コメントありがとうございます。)

追記。

再び遊戯王WIKI参照ですが、タイムカプセル系のカードとは違うらしく参照程度の活躍は出来るようです。また除外に対して原初の種で戻せるなど応用も利くらしく今後のカードの登場によっては大活躍する可能性があるかもしれません。

 

 

裏側表示で除外されたカードを活用できるカードは、下記の程度で未だに数少ない。
また、下記のカードを使おうにもそのカード自体(あるいはそのカードを出すために必要なカード)が除外されてしまう可能性もある。
《ネクロフェイス》・《E・HERO エリクシーラー》でデッキに戻す。
《PSYフレームロード・Ω》・《インフェルノイド・ティエラ》で墓地に戻す。
《原初の種》で手札に戻す。
《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》・《カオス・エンド》等の枚数を参照するカードに使う。

 

 

というわけでここからはデッキの相性を淡々と語っていきます。

 

■ 相性が悪いデッキ

 

◎ キーカードが複数必要なデッキ

これは誰もが予想できますが、エクゾディアデッキみたいな何かが欠けてしまうと動けないデッキではかなり辛いです。実際このカードが除外されれば動けないのでカードコンセプト的に複数枚を主軸で動いているデッキでは採用できませんね。

 

封印されしが1枚でも除外されれば特殊勝利がなくなってしまうので使えない(涙)

他にもブルーアイズでは、青眼の白竜を3枚使用したりするのでそういう意味でも採用できないかもしれません。

 

また、地獄の暴走召喚を使うデッキでも仕様は控えたいところですね。デッキの中身も見れますが3体はそろわない可能性が高いし何よりこのカードが除外されてしまうことも考えるとものすごく恐いカードですよね・・・。

そういう意味では3枚なければ意味がなかったりする制限付デッキはかなり相性が悪いです。いくらドローしてもそのデュエル中は取り除かれている扱いなのでかなり使いどころに難がありそうです。

◎ ライトロード系の墓地肥やしデッキ

インフェルニティとかもそうですが、墓地を肥やすデッキは非常に危険です。

まず名推理や、モンスターゲートを止める役のモンスターが裏側で飛んでいくこともありますし、相対的にデッキを削っているのでライブラリアウト・・・デッキ切れになってしまう場合もあるでしょう。

3枚使えばデッキの中身はあと10枚。初手で引いてもデッキ残りは数枚しかないのでかなり使用する場合はデッキを中身を多くするしかありません。

 

また、デッキによっては裁きの竜にもあるように種類を満たすデッキでもかなり使用することにためらいが出ます。

■ 相性が良いデッキ

◎ 切り札がエクストラデッキに潜んでいるデッキ

これは裏側でエースが飛ぶ心配がない為です。

シンクロやエクシーズでは出せれば良いのでその間のカードをひっぱってくるのはこちらのほうに分があります。その分手札のアドバンテージが稼いでいるので非常に強いんじゃないかな?

出せる見込みがあるキーパーツがそろうか、それとももう場にある状態で伏せがほしいときにはかなり重要です。 2枚ドローで通告や奈落の落とし穴が引ければ強いですからそういう場合には非常に使えるカードに変わってくれます。

ただ、サーチという部類ではないので来てくれるのも運ですしかなり難しいところではあるんですよね。

◎ ハイランダーよりの構築

デッキに1枚しか要れずに構築されているデッキのことですが、言い換えればどのカードが除外されても効果が発揮されるので、手札アドを稼ぐことに特化した場合はこちらの採用は普通にありえます。

 

そのほかにもメタビよりの構築で相手の封殺を出来るのであれば、これもまたオススメできそうです。

例えば結界像とかは先にメタりたい属性が来たら使うのもアリ・・・なのかなぁ。この点は使用者の意見を聞きたいところ。 

 

他にはランク4デッキで先に必須カードを持っていたらドローソースとして使うのもありです。クラウンブレードがあればものすごく強いんだけどなぁ。チェインが禁止になったのってまさか・・・・・・。

◎ 先にキーカードを引いていた場合。

とりわけ先にキーカードを引けている場合はまず使用しても問題はありません。

手札の強化ではかなり大切ですし、手札が1枚増える強さは遊戯王の先行ドローが強いことを知ってるYPなら分かるはず。という意味では運に頼らざるを得ません。おそらくピーキーなデッキがこのカードを使うことになるんでしょう。

増援などが使えるデッキには朗報かも。

■ 個人的にはシンクロン・メタビで試験運転したい。

私は非常に好きなカードです。昨今のドローソースは安かったので使用している強欲で謙虚な壺ですが、今後こっちを使用することもありそう。

ただし、安い場合に限るんですけどね。

 

といいつつもこのカードは特殊召喚の制限もないし、一気に攻めるときのキーパーツ的立ち位置ではかなり有能なので今後デッキ内のサーチが増えれば採用率がぐっと上がる可能性もありそうです。

 

試したいデッキとしてはキーパーツを増援や調律などで引っ張ってこれるシンクロンが筆頭。先に大型を出してその後罠を引ければいいなとう立ち回りで、デッキを裏側で10枚除外されても効果を発揮できるまでカードを引けているなら多分強いはず。

そういう意味では試験運転して買いたいカードですね。

多分スーレアなんだろうなぁ。ノーレアはもっと嫌だけど(白い目)

 

それではノシ

関連商品

 


遊戯王アーク・ファイブ OCG ザ・ダーク・イリュージョン(仮) BOX

 

 

 

関連記事っぽいの

・ブラマジデッキ も同じパックで発売っぽかったので。なんとなく。

 ・私のお気に入りデッキの1つメタルフォーゼもこのパックです。待ち遠しい。