母の実家は南房総の山のなか

大原でオギャアと生まれたわたしにとって

総武線は故郷のような路線だった

潮の香りと花でいっぱいの南房総

ちょっと内陸部だったので冬はけっこう寒かった

母の実家のそばに走っていたローカル線はいすみ鉄道ではなく木原線といった

しかも あんまり使わなかった

どちらかといえば大原駅からおじいちゃんが車で送迎してくれることになっていた

茂原の高校に通っていた兄もおじいちゃんの車で大原まで行っていたのだろう

だから大原というのはあのへんを代表する一大ステーションなのだ

大原はまぶしい大都会・千葉や船橋への入り口なのだ

(※大原に居た頃は・・・そこから先は想像およばず・・・)

もう おじいちゃんも おばあちゃんも

母もこの世にいないから

大原駅に行くことも なくなったけれど

総武線快速を見ると 大原に行く電車だなと思う

大原まで同じレールでつながっているんだなと思う

総武線快速よ

イメージカラーはブルークリーム

伯爵のような大きな顔だ

地元の期待を背負って東京に出てくる顔だ

おれは茨城などは背負っていない

おれは千葉を背負って背筋を伸ばして東京に来ました

おれは青ざめてなどいない!

盾を持って戦っているようにもみえる

大きな総武線快速よ

哀愁の総武線快速よ

だからその電車が 武蔵小杉に停まることになったとき

とても不思議な気がしました

房総の潮風を背負ってやってきた青い電車がいま

武蔵小杉ラブホテル前に停車します

ちまちまとしたこの街に青く凛々しい電車が似合うかどうか、ようこそ中原区へ!

ひとはそれを横須賀線というけれど

わたしにとってはやっぱり 総武線なのです

武蔵小杉には湘南新宿ラインも停まるようになりました。

前にも紹介しましたが このキャラ好きです。

このイラストなんて 緑ちゃんが トイレに行きたそう~~~で微妙な表情で、いいですね・・・手をつないでいるので、一緒に入るのか?!って感じもしますが・・・。

今日は武蔵小杉に行きました。

街がどんどん変わっています。

めでたいことに、かなり大きいダイソーが出来ました!

しかも、マルエツ跡地という、超駅前です!

歓喜のあまり、上記のようにいろいろ買ってしまいました。

例によって1商品だけ、ダイソー商品じゃないものが混ざっていますが・・・。

あと、愛用していた喫茶店の「カフェ・ビアン」が無くなってしまったように思いました。

昔ながらの、雰囲気のある喫茶店でしたが・・・。

確かに東急スクエアが出来たとき カフェが充実しているなあと思ったものですが、昔ながらの喫茶店がなくなるのも時間の流れでしょうか。寂しい気もします。

等々力AthorStudioで レコーディングもいたしました。レコーディング2日目です。

WAVづくりに関してはやっと及第点をいただき、ほーっとしました・・・。

今日取り組んだ作品は「Fra-Fra,Euro-Euro,TGV!」フランスTGVの明るい作品です。

そもそも音階が苦手なので、冒頭の高音「ちょっとまってーエクスキューゼモーワ!」も

サビの低音「フーラフーラーユーロユーロー」も、どっちも辛い・・・・。

音程・発声・滑舌などの指導を受けつつ、珈琲淹れとトイレを往復するような緊張感のなか、一応なんとか終えました・・・。

迷惑かけてしまった森社長になぜか栗ごはんまで頂き・・・ありがとうございました

明日は珍しく医療機関でのお仕事、がんばります。

おやすみなさひ。